経路リンパマッサージで老廃物を排泄して、即効スリムになろう!

 

体内の循環が悪くなって起こる「むくみ」や「こり」が慢性化すると、体がたるみ、締まりのない状態になってしまいます。経路リンパマッサージはそんなときに効果があります。
経路という体のエネルギ-の流れと、老廃物を排泄するリンパの流れを同時に促して、むくみやこりを即効解消して、すっきりボディが手に入ります。

基本のマッサージのしかた

経路リンパマッサージは「押す」「もむ」「さする」「たたく」4つの手法を、それぞれの部位や目的に合わせて使い分けます。力の入れぐあいは「気持ちいい」と感じる程度でOKです。
強い力を入れる必要はありません。
入浴後など体が温まっているときに、好みのマッサージオイルやジェルで手のすべりをよくしてから行うとさらに効果がアップします。

基本の4つの手法

 押す
両手の親指の腹を当て、自分の体重をのせながら5秒かけてゆっくりと押したら、そのまま5秒間静止し、5秒かけてゆっくりと戻します。リンパの流れや血流を促進するため、むくみや冷えの解消に効果があります。
 さする
 手のひらを密着させて、気持ちいいと感じる程度に圧力を加えながら、手のひら全体を肌の上ですべらせるようにさすります。皮膚への刺激が新陳代謝を促し、リンパの流れや血流アップになります。
tatakku
手のひらを少しくぼませて、やさしくたたきます。腕以外の場所は、左右の手を交互に動かして。ポンポンと軽く心地よい音が出るくらいがちょうどよい強さ。血行を促進して、体を引き締める効果があります。
もむ
マッサージする部位を両手でつかみ、タオルを絞るようにしながら、それぞれの手を反対方向に動かしてもみます。脚やおなかなど、とくに皮下脂肪の多い部位の筋肉を刺激するのに効果的です。



上手な力の入れ方

 適度な力でマッサージをするには、自分の体重を上手に利用するのがコツです。
たとえば脚をさすり上げるときは、まず手を脚に当てて上体を前に倒します。
そのまま静かに体重をかけ、ゆっくりと上体を起こしていくと、適度な圧力を加えることができます。
また、手はそのままで脚のほうを動かすのも有効な方法です。
マッサージに全身のストレッチがプラスされて体内の循環がよくなり、引き締め効果がさらにアップします。
 上手な力の入れ方

たるんだ二の腕をキュッと引き締める

二の腕がたるむ大きな原因は、筋肉が細くなり、皮膚にハリがなくなること。
内側が柔らかくてつかみやすい人は要注意です。
マッサージで血行を促すと同時に筋肉を刺激してたるみを減らし、ハリのある引き締まった二の腕をめざしましょう。

 二の腕をもむ
 ①腕全体をつかんでもむ

手で腕をつかむようにして、手首からわきまで、腕の内側と外側をまんべんなくもむ。反対側の腕も同様に。
●左右各1分間(内側と外側各30秒ずつ) 

腕をさする
  ②腕の内側と外側をさする

手のひらを手首の内側に当て、わきの↓に向かって腕の内側をさすり上げる(①)。次に腕の外側を手首から肩に向かってさすり上げる(②)。反対側の腕も同様に。
●左右各1分間(内側と外側各30秒ずつ)

二の腕をさする
③二の腕をさする手のひらをひじに当て、肩に向かって二の腕の外側をさすり上げる。次に二の腕の内側をひじから脇に向かってさする上げる。反対側の腕も同様に。 
●左右各30秒間(内側と外側各15秒ずつ)
 二の腕全体をたたく
二の腕をたたく
④二の腕全体をたたく

手のひらをくぼませて、二の腕全体をまんべんなくたたく、反対側の腕も同様に。

●左右各30秒間


むくんだ脚をスラリとさせる

ふくらはぎと足首は、むくみによって太くなりやすい部分。
マッサージでリンパの流れを促してむくみを摂ると、ほっそりと引き締まります。
また、太ももは運動不足でたるんだり、冷えて脂肪がつきやすくなりがち。脚全体をスラリとさせましょう。

※脚のマッサージは、椅子に座って行ってもかまいません。

 アキレス腱を押す  ふくらはぎをさすり上げる
 ①アキレス腱の両側面を親指で押す

足首をカラダに引き寄せ、アキレス腱の内側のくぼんだ部分に両手の親指を当てて、ゆっくりと押す。 位置を少しずつ上にずらしながら、ふくらはぎの中ほどまで押す。脚の外側のくぼんだ部分も、ふくらはぎの中ほどまで押す。反対側の脚も同様に行う。
●左右各30秒間(内側と外側各15秒ずつ)

 ②ふくらはぎをさすり上げる

両手のひらを足首の後ろ側に当てて、手を交互に動かしながら、ふくらはぎをひざの裏までさすり上げる。
反対側の脚も同様に行う。手を動かす代わりに、脚のほうを曲げ伸ばしして圧を加えてもよい。

●左右各30秒間

ふくらはぎをもむ
 太ももをさする
③ふくらはぎをもむ

脚を開いてふくらはぎを体に引き寄せ、足首に両手のひらを当ててつかむ。
それぞれの手をタオルを絞るように反対方向に動かしながら、足首からひざ下までをもむ。反対側も同様に行う。

●左右各1分間

④太ももをさする

内ももに手のひらを当て、ひざの内側から脚のつけ根に向けて、両手を交互に動かしながらさすり上げる。
ももの外側も同様にさすり上げる。反対側の脚も同様に行う。

●左右各1分間(内側と外側各30秒ずつ)

 太ももをもむ  たたく
⑤太ももをもむ

両手のひらを内ももに当ててつかむ。それぞれの手をタオルを絞るように反対方向に動かしながら、ひざの内側から脚のつけ根まで、内もも全体をもみほぐす。
ももの外側も同様にもみほぐす。反対側の脚も同様に行う。

●左右各1分間(内側と外側各30秒ずつ)

⑥ふくらはぎ~太ももをたたく

手のひらをくぼませて、両手を左右交互に動かし、ふくらはぎから太もも全体をたたく。
反対側の脚も同様に行う。

●左右各30秒間

 

 

ムチムチの背中とおしりをほっそりさせる

背中や腰は慢性的なこりやリンパの滞りによって、意外にぜい肉がつきやすいところ。
またヒップは、運動不足や冷えによってたるみやすくなります。
マッサージで血液の循環をよくしてこりを緩和し、さらに体を温めてリンパの流れを促進。老廃物をすっくり排泄して、引き締まったヒップと、肩甲骨が美しいすっきりしたバックラインをつくりましょう。

背中~腰をもむ
 ①背中~腰をもむ

両手で背中の肉をつかむようにして、肩甲骨の下からウエスト、さらに腰骨のあたりまでを全他的にもみほぐす。
両手でやりにくい場合は、片手ずつ行ってもOK。肉がつかみにくい人は、手のひらで押すようにして。

●2分間

背中をさする
②背中をさする

上体を少し前に倒し、肩甲骨の下あたりに両手のひらを当てる。
状態をゆっくり起こしながら。腰の上まで背中を繰り返しさする。腰の上まで背中を繰り返しさする。
両手でやりにくい場合は、片手ずつ行ってもOK。

●1分間

 ヒップ全体をさする
③ヒップ全体をさする

腰の中央に両手のひらを当ててしっかりと密着させ、おしりの丸みに合わせてヒップラインに円を描くようにしてさする。

●1分間

ヒップラインに沿って
④ヒップラインに沿ってさすり上げる

ヒップの下側nい両手のひらを当てて、ヒップラインの丸みに沿って持ち上げるようにして腰までさすり上げる。

●30秒間

 太ももの裏~ヒップ
⑤太ももの裏~ヒップをさすり上げる

上体を少し前に倒して太ももの裏側に手のひらを当てて、上体をゆっくり起こしながら太ももから腰に向けてヒップをさすり上げる。左右交互に行う。

●1分間

おなかをさする
⑥おなかを手のひらでさする

背中のこりやむくみは内臓の不調で起こる場合も多く、おなかのマッサージもあわせて行うと効果的。みぞおちに手のひらを当てて、両手を交互に動かしながら、そけい部までおなかの中心を上から下にさする①。次におへその下あたりに両手のひらを重ねて当て、おなか全体を時計まわりに円を描くようにさする②。

●1分間

全体にたたく
⑦背中~腰、ヒップまで全体をたたく

上体を少し前に倒し、手のひらをくぼませて、背中から腰、ヒップまでを全体的にたたく。両手でやりにくい場合は、片手ずつ行ってもOK。

●3分間

肩から胸のラインをすっきりさせる

首や肩に厚みがあるのは、じつはひとは首や肩のこりやむくみが原因の場合が多いもの。マッサージでこりを改善することで、細い首と美しい鎖骨を取り戻せます。バストのたるみやわきのぜい肉も気になるポイント。首から鎖骨やわきのリンパの流れを促進してむくみを改善し、たるみを引き締めてりハリのある胸もとをめざしましょう。

首の側面を押す
①首の側面を押す

手のひらを首の側面に当て、頭を首の方へゆっくり傾けて、頭の重みを利用して首を刺激する。反対方向も同様に行う。

●左右各30秒間

首の側面をさする
②首の側面をさする

右手のひらを左耳の下に当て、右の鎖骨に向けて斜め下方向にさする。次に左手で同様に右耳の下から左の鎖骨までさする。この要領で左右の手を交互に動かし、首の側面をさする。

●1分間

 首の全面をさする
③首の全面をさする

首の全面をつかむように手を当て、左右の手を交互に動かし、あご下から鎖骨に向けてさする。

1分間

 鎖骨の上下をさする
④鎖骨の上下をさする

右手を左側の鎖骨に当て、肩先から中央に向けて、親指以外4本の指で鎖骨をさする。反対側の鎖骨も同様にさする。

●左右各30秒間

 バストライン~わきをさする
⑤バストライン~わきをさする

バストの下に親指以外4本の指を当て、バストラインに沿ってわき下までさする。反対側のバストラインも同様にさする。

●左右各30秒間

首とデコルテをたたく
⑥首とデコルテをたたく

親指以外4本の指で、左右の手を交互に動かして、首とデコルテ全体をまんべんなくたたく。

1分間

 バストをたたく
⑦バストをたたく

手のひらを少しくぼませ、下から上に向けてバスト全体をやさしくたたく。反対側のバストも同様にたたく。

●左右各30秒間

Follow me!