Pocket

すこやかな生理のために

 

食生活の乱れや無理なダイエットが、生理不順(月経異常)を引き起こすことは知られてます。
では、生理不順はどのように生じ、生理を正常に保つにはどうしたら良いのでしょうか。 

生理不順とは?

生理(月経)とは、女性の体に周期的に起こる子宮内膜からの生理的な出血のことです。
月経のシステムは、脳の視床下部や脳下垂体、また卵巣や子宮、そして性ホルモンの連携プレーによって起こります。
平均的月経周期は28日前後ですが、この連携プレーが一つでも欠け、女性ホルモンのバランスが乱れると、
月経周期が早くなったり遅くなったり不規則になり、この状態を生理不順といいます。

亜鉛・セレンなどのミネラル不足は女性ホルモンの分泌を低下させ、生理不順を引き起こす!

必須微量ミネラル亜鉛セレンは、女性の生殖生理作用において重要な働きをしています。
これらの 必須ミネラルが不足すると、女性ホルモンのバランスは乱れ、生理痛・月経不順が生じやすくなることが近年学術学会で発表されました。
特に、亜鉛が不足すると、脳下垂体で作られる性ホルモンの分泌量が低下し、卵巣の成長不良を生じます。すると卵胞の発育に時間がかかるため排卵が遅れたり、卵子の排卵がない「見せかけの月経」(無排卵性)を生じたりします。
女性ホルモンは、子宮内膜を作り保つ働きをしますが、亜鉛が不足すると女性ホルモンの分泌量が減少し、子宮内膜は早くはがれ落ちて出血を起こし、生理不順を生じます。
15才以上の現代女性の亜鉛の必要量は1日10mgですが、平均摂取量は7.8mgと不足傾向にあります。
(平均14年度国民栄養調査)
そしてさらに食生活の乱れや無理なダイエットをすると、一層の亜鉛不足となり、生理不順を引き起こすのです。セレンが不足すると、不妊症・月経周期の乱れ・胎盤の分泌閉止・流産を引き起こし、銅欠乏では、貧血・低体温を生ずることが報告されています。
(Experi entia,1994J.Nutrution,1996)
また、無理なダイエットをすると、女性ホルモンのもとになるコレステロールの摂取量が減り、女性ホルモンの分泌が低下し、月経が止まったり、月経周期が長くなったりします。(「NHKきょうの健康」1994)
つまり、女性の体にとって需要な、亜鉛セレンなどの必須ミネラルをしっかり摂取することが、生理を正常に保つポイントとなります。栄養のバランスのとれた規則正しい食生活で、妊娠出産のための大切なシステムを正常に機能させましょう。

月経のメカニズム

右の図のように、月経は性ホルモンの連携プレーによって生じます。
①脳の一部である視床下部、脳下垂体から分泌される性ホルモン(卵胞刺激ホルモン)によって卵胞が成熟します。
②成熟卵胞から女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が増加します。
③次に、 エストロゲンに刺激された脳下垂体から分泌分泌される性ホルモン(黄体化ホルモン)の刺激によって卵胞から排卵が行われ
④ついで、卵子が受精しなければ、不要となった子宮内膜がはがれ、血液とともに排出されます。これが月経です。

月経のメカニズム

 

生理不順は、女性ホルモン(エストロゲン、黄体ホルモン)の分泌低下から生じます。

卵胞から分泌されるエストロゲンが不足すると、排卵が遅れ月経は遅くなります。また、黄体ホルモンの分泌量が低下すると、子宮内膜が正常より早くはがれて、月経が早くなります。

 

Follow me!