Pocket

お肌の老化の原因は、加齢だけではありません。 
紫外線や乾燥も、肌の衰えを招く大敵です。
なかでも原因の8割を占めるといわれるのが、紫外線。
夏本番直前の傾向と対策をしっかり押さえて、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。
最近、日焼けをするとなかなか肌が回復しない、と感じたことはありませんか?
「小麦色の肌は健康的」というのは、時代遅れ。
紫外線が、シミ、シワなど、肌に様々なダメージを与えることは常識です。
紫外線の影響をしっかり理解して、いつまでも肌を美しく保ちましょう。
でも、灼熱の日差しが降り注ぐ真夏だけ紫外線対策をすればいいと思っていたら、大間違い。紫外線の量は、3月、4月と上昇し、5月には真夏と同じくらいの数値に近づくのです(図1)
春から初夏は、真夏より油断している分、紫外線のダメージを受けやすい季節といえるかもしれません。また、オゾン層の破壊により紫外線量は年々増加しているといわれます。
紫外線対策の必要性は季節を問わず、ますます高まっているのです。



紫外線ダメージをストップ
肌の2大成分を減らさない!!

紫外線のダメージは年齢とともに加速していきます。
それは、コラーゲンとヒアルロン酸といった、肌を構成する成分が、加齢に伴って減少していくからです。 コラーゲンの減少は加齢によって加速する コラーゲンは真皮の約70%を占めている成分で、弾力性のあるコラーゲンが網の目のように張りめぐらされていることによって、肌のハリを形づくっています。
ところが皮膚のコラーゲン量は、40歳をピークに減少し始めます(図2)。
紫外線のケアがこれまで以上に必要となるため。ふだんの食生活も気をつけたいものです。
しかし、食品中のコラーゲンは分子サイズが大きく、吸収されにくいため、効率よく吸収される低分子コラーゲンペプチドを利用するとよいでしょう。 加齢によってヒアルロン酸も減少します コラーゲンの網の目を埋めてクッションの役割を果たすのが、保水力に優れたヒアルロン酸。
みずみずしい肌に欠かせない成分です。
ヒアルロン酸の合成・分解は紫外線の影響を受け、その保有量もまた年齢tともに減少します。
特に50代以降は顕著に減少するため(図3)、乾燥肌になりやすく、シワもできやすくなり、紫外線のダメージがいっそう加速してしまいます。
みずみずしくハリのある肌を保つには、体内のヒアルロン酸づくりの環境をととのえることが大切です。 
アミノ酸バランスの良いたんぱく質をとることが肌のために必要 ! コラーゲンの合成に必要なビタミンCも一緒にとろう。

https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK1402I_U2A111C1000000?channel=DF260120166503&style=1

食生活が動物性たんぱく質に偏りがちな現代人におすすめの植物の力を最大限に生かし、100%植物性のたんぱく質 体の元になる必須アミノ酸のベストバランス(アミノ酸スコア100)と優れた必須アミノ酸の消化吸収率 http://www.nutrilite.jp/content/nt/products/protein.html

第7の栄養素とも言われ注目を集めている「ファイトケミカルス」を豊富に含む有機栽培のアセロラから抽出した原料を含む 粉末清涼飲料 特徴成分:
アセロラ濃縮物、グルコン酸亜鉛、ビタミンC、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B1、V.B2、V.B12、葉酸

http://www.nutrilite.jp/content/nt/products/phytopowder_acerola_can.html

Follow me!