フルーツとタピオカたっぷりの「トライ・カイ」と呼ばれるチェーをご紹介。
ココナッツミルクのソースで南国の香りをプラス。



観光地としても最近話題のベトナム。
フランスの植民地だった影響もあり、アジアの中に西洋が混在する独特の雰囲気が魅力。
ベトナムの人たちの、国民的なデザートが「チェー」。
現地では豆や芋などを甘く煮た、ぜんざいのような温かいタイプが主流だそうです。
観光客に人気があるのは砕いた氷がたっぷりの冷たいチェー。
屋台からレストランまで、様々な具材やアレンジが楽しめます。

CHE TRAI CAYチェー・トライ・カイ
CHE TRAI CAY

お好みのフルーツを彩りよく

手に入りやすいイチゴ、キウイ、バナナ、ぶどうを使う以外に、マンゴーパパイヤなど、トロピカルフルーツを使うと、さらに南国のムードに、器に盛ったときにキレイに見えるよう、カットする大きさをそろえ彩りを工夫しましょう。

クラッシュアイス

クラッシュアイスで
ひんやりと

冷やした器にフルーツを盛ったら、アジアンデザートでおなじみのタピオカを加え、上からクラッシュアイスをたっぷりと入れる。
クラッシュアイスは厚手のビニール袋を二重にして氷を入れ、瓶の底などで叩くと手軽に作れます。

ソースのアレンジで楽しさ広がる

今回は、缶詰のココナッツミルクに砂糖を適量加え、泡だて器でなめらかにしたソースを使用しましたが、フルーツソースシロップでも美味しくいただけます。チェーは自由度の高いデザートなので、材料や盛り付けなど、組み合わせの面白さを楽しんでみては。

タピオカ

タピオカ

プチプチした食感が楽しいタピオカは、キャッサバのでんぷんが原料。ゆでるだけでカンタン調理ですが、大粒のものは1時間半かかりますので、ご家庭では小粒が扱いやすいでしょう。沸騰した湯にタピオカを入れ、かき混ぜながらゆでます。時間は小粒で15分~20分、水位が減ったら差し水をします。ゆで上がったら冷水に取り、しっかり冷却。この時、白い芯が残っているように見えても、水に取るとほとんど透明になります。

Follow me!