睡眠環境改善で朝までぐっすり眠る!

蒸し暑い夏の夜、質のいい眠りを手に入れるには、寝室とふとんの中などの睡眠環境をコントロールすることが重要。「夏も熟睡」のためのポイントを見直して、朝までぐっすりをめざしましょう。

PR 人気BESTベッドSHOP快眠眠

●頭を冷やして寝入りをスムーズに

「頭寒足熱」といわれるように、頭を冷やして足を温めると、体は寝つきやすい状態に。また、頭を適度に冷やすことで、日中の緊張状態から脳が解放されてリラックスモードに切り替わり、スムーズに眠りにつけるというメリットもあります。市販の枕や冷却シート冷却シートを利用して頭の余分な熱をさましましょう。また、保冷剤を冷凍庫に冷やし、ハンカチなどで包んで枕の上にのせると、自家製の氷枕に。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

冷蔵庫でジェル袋を冷やして頭をクールダウン!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

冷たさが約8時間以上続く
高機能枕

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

かわいいミニ枕
付属のジェル袋を冷蔵庫で冷やして

●肌着を替えて、肌のべたつきを減らす

人間は寝てる間にも、コップ約1杯分の汗をかくといわれています。肌に直接身に着ける肌着やパジャマが熱がこもる素材だと、寝苦しいのは当たり前。夏の肌着やパジャマこそ、吸湿性や放湿性、肌ざわりにこだわって選びましょう。ガーゼやオーガニックコットンなど、肌ざわりのよい素材なら、快適に眠れます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

冷感素材のパジャマでひんやり!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

汗を発汗しやすいガーゼ素材の
パジャマ

●寝室の空気を洗う空気清浄機

寝室の空気は、ダニやノミ、ホコリなどのハウスダストで充満していて、室外の空気に比べて約7~10倍も汚れています。目には見えないだけで、ダニやノミ、ホコリといったハウスダストは無数に存在しています。
寝室の空気が汚いと、睡眠中の呼吸が自然と浅くなってしまいます。例えば、木々豊かな自然の中は空気がきれいなので、体は無意識に深呼吸します。ですが、異臭漂う公衆トイレの中は空気が汚いので、無意識に呼吸が浅くなったり、呼吸を止めていたりします。
ダニやノミ、ホコリなどはどんなに完璧に掃除しても、完全には除去でず必ず室内に充満しているので、寝室に空気清浄機を置いて空気を洗うことをオススメします。
枕元に空気清浄機を置いてしまうと、自分もダニやノミなどを吸ってしまうので、寝室のベッドの足元に空気清浄機を置いて空気を洗い入眠しましょう。

 

冷えない体をつくる 夜のワンポイント対策

一日1回、胃、腸、子宮の3か所を温めることで「冷えにくい体」をめざしましょう。
それぞれ、またはすべてをおおうように、ホットタオル(湿らせて絞ったタオルを電子レンジで温める。ハンドタオルなら約30秒、フェイスタオルなら約1分)を当てて5分~10分くらいおきます。体の中心をじっくり温めることで、内臓の新陳代謝がアップし、徐々に内側から冷えにくい体質に。時計回りに手のひらでなでてマッサージしたり、手をのせて温めるだけでも効果が期待できます。冷えない体をつくる

 眠れる体をつくる「入眠儀式」

2ステップの「入眠儀式」を行うことで、体が睡眠に入る準備段階に。
毎日の習慣にすることで、ぐっと寝つきがよくなります!

STEP1  おふろでクールダウン
おふろでクールダウン

クールダウン入浴(30℃前後)

「夏は体がほてって眠れない」という人におすすめなのが、クールダウン入浴。最初は38℃前後のぬるめのお湯につかり、その後少しずつ水を足します。温水プールの水温程度(30℃前後)まで下げたら、そのまま5分。体のほてりが落ち着き、同時に眠りを誘う副交感神経が働いて、寝つきのよい状態に。温水シャワーでもOKですが、その場合は長めに浴びてクールダウンを。

STEP2  ヨガのポーズ
ヨガポーズ

Yoga Poses for sleep better

ヨガのポーズは、自律神経を整え、心地よい眠りに導きます。ゆったりと不快呼吸を行いながら行いましょう。特に背中を伸ばすポーズがオススメです。

 ゆったり眠れるベッド(寝具)サイズ

人は人生のおよそ30パーセントを睡眠に費やします。長い時間を過ごす場所であることから、実際にベッドの上に寝たり、メジャーで計測したりするなどして、自分に合ったサイズのベッドを探すことをおすすめします。

ベッドは睡眠をより豊かにするために、非常に重要なものです。より充実した人生を送るためにも、自分にぴったりのベッドを使用しましょう。

人は、寝ている間も案外動いているものです。健康な人の場合、一晩に20〜30回もの寝返りを打ちます。

寝返りを考慮すると、「体の横幅の左右にそれぞれ20cmプラスした横幅」が必要です。左右に20cmずつ余裕があれば、楽に寝返りを打てるでしょう。

日本人の肩幅の平均は男性でおよそ45cm、女性はおよそ40cmですが、腕を体にぴったりつけて眠る人はいないでしょう。ですから、体の幅は男性で60cm、女性で50cm程度と考えると良いでしょう。平均的な体の幅を基準に計算すると、1人で寝る場合、男性は100cm、女性は90cm程度のベッド幅が必要。

ちなみに、通常はどのベッドサイズでも縦の長さは195cm前後ですが、背の高い人用のロングサイズ(205cm前後)、小柄な方用の小さめのサイズも用意されています。

Follow me!